読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『生贄投票』無料試し読みはコチラ!ネタバレや無料画像も公開!

『生贄投票』無料試し読みはコチラ!ネタバレや無料画像も公開!

【食糧人類】#14「政府と巨大生物」ネタバレ

前回の食糧人類」あらすじ

カマキリ型の巨大生物に襲われそうなったものの、

天井裏に避難できたナツネたち。

そこに、一人のオッサンが住み着いていたのです。

長年この施設で生活を送ってきたオッサンは、

たくさんの情報を知っていて、

いろいろと聞き出すことに成功。

その中でも驚いたのは、巨大生物が人間を飼っているという事実…

 

ここから「食糧人類Starving Anonymous」14話ネタバレ

国のトップよりも、巨大生物の地位の方が上…

その真実を知らされ、驚くナツネたち。

首相はひざまづきながら、お願い事をする。

それは、地球温暖化の問題。

一刻も早く解決をお願い致しますと、頼み込んでいるのです。

3月なのに、猛暑日という異常事態を巨大生物が解決できるらしいのです。

とつぜん巨大生物は、気持ち悪い固まりを取り出す。


ここでSPが、通訳を用意。車イスで運ばれてきた人間に、奇妙な物体を体内に通す…

すると、ものすごい大きい声でしゃべるのです。

「きょうわ ごそくろうかけて」

「すまんね」

「キミらには世話になったよね」

「しかし」

「それももう要らないんだ」

これまで政府は、巨大生物が快適に過ごせるように、

食糧や豪華な空間を提供していたのですが、

その必要が無くなったと、巨大生物は言う。

そしてこれからは、施設の運営も我々が行うとのこと。

これがきっかけで、対等な関係から、巨大生物が優位となり、

首相は完全に言いなりになったのです。

そのせいで、生きた人間がさらわれ、食糧にされる運命に。

「…どこだ?」

「その玉座の間はどこだ?」

怒りに満ち溢れたナツネ。

ここからどんな展開になるのか楽しみです。

【食糧人類】の無料立ち読み
スマホ(iPhoneAndroid)専用
【食糧人類】14のネタバレ感想


衝撃な事実が発覚して、ますます楽しみな食糧人類!

今回の食糧人類は、長年施設で暮らすオッサンが、

実際に見たことを回想するシーン。

国のトップである総理大臣、官房長官財務大臣が、

頭を下げるほど地位が高い巨大生物。

互いに、条件を出しあっているようで、

国側は、巨大生物によりよい環境を与える代わりに、

地球温暖化の問題を改善するようお願いする。

これまでは、その関係が成り立っていたのですが、

巨大生物側が必要なくなったと交渉を決裂するのです。


そのせいで、人類を食糧にする流れに…

これを聞いて怒り心頭のナツネ。

奴らを片っ端から倒しに行くようです。

ここからの食糧人類は、戦闘シーンが増えるかもですね。


無料の立ち読みやネタバレ一覧はこちらから
【食糧人類】まとめサイト!最新ネタバレ、無料立ち読み、DLはコチラ