読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【食糧人類】まとめサイト!無料立ち読み、DL、最新ネタバレはコチラ

【食糧人類】のまとめサイトです!【食糧人類】の無料立ち読み、ダウンロード,最新ネタバレを紹介しています!

[食糧人類】#20ネタバレ「増殖種の存在理由」

[食糧人類】20話ネタバレ


[Handy一般]食糧人類-Starving Anonymous-[講談社]

増殖種が存在する理由とは?

唯一の増殖種がいたため、

警察はナツネを捕まえようとする。

無残な姿になった母親から、逃げてと言われ、

4、5階の団地から、飛び降りる。

あの距離から飛び降りれば、絶対しぬ…

それも、飛び降りたと同時に、車に轢かれたのです。


上半身と下半身が真っ二つになるナツネ…

「早く来い!逃げられちまうぞ!」

「ハァ!?誰にスか?」

警察は慌てて外へ飛び出す。

悲惨な現場のなか、ナツネの様子をうかがってみると、

下半身だけが取り残され、

上半身だけがいないのです…


「いたい、いたい」

「けど、逃げなきゃ」

下水道の中を這いつくばりながら、進んでいくナツネ。

ママに言われた事を必死に守ろうとするのです。

ものすごい根性がある彼ですが、

突然、足に痛みがなくなるのです。

さらに、足が元通りに再生するのです。


「ママのまほう?」


増殖種の力、すごいです。


それから数年後、

ある警備員に、声をかける青年。

「アンタ…津島さんだろ?」

そう尋ねると、津島を路地裏に連れていく。

何なんだとつぜん?俺は仕事中だぞとキレる彼に、

自分の顔を見せる。

「俺の顔、憶えているか?」

よく見てみると、それはナツネだったのです。


数年前、ナツネを捕まえようとしていた元警察の津島は、

慌てたように思い出す。

あのとき、どこ逃げやがったんだ!

ナツネに逃げられたせいで、職を失った彼は、

今さら何の用だっ、と通報。


するとナツネは、ナイフを突きつけ、

「俺は何者だ?手短に話せ」と、

真実を聞こうとするのです。

「ヘッ、そんなことも知らねぇのかよ」

教えてやってもいいけど、タダじゃねぇぞと、上からの態度に…

鼻をザックリと切り裂く!

鼻がっ…ない!
あわてふためく津島を見ては、


「普通の人間は1度切り落とすと2度と生えないんだな…」

と意味深な発言。

続けて、彼の指を関節ごとに切り裂いていく…

「俺は普通の人間の気持ちが分からないんだ…」


「一刻も早く言ったほうがイイぞ」

結局彼は、痛すぎて喋れなかったのか、

指が全部引き裂かれていたのです…


このように自分が何者なのか調査を続けてきた結果、

異常な再生能力(増殖種)があると分かるのです。


そして、何のために生まれてきたのかも分かったようです。


それは、


人類の肉を欲している者に、肉を与え続ける事…


それが、増殖種であり、


ナツネが唯一の成功例だったようです。

 


【食糧人類】の無料立ち読み

スマホ(iPhoneAndroid)専用

 

 

[食糧人類】20話ネタバレ感想

今回の食糧人類で、「増殖種」の正体が、ほぼ判明です。

体の中枢神経さえ、無傷なら何度でも再生できるのが増殖種だったのです。

まるで、ドラ○ンボールのセルみたいですね。

よっぽどのダメージを受けない限り、しぬことはないので無敵です。

でも彼が作られた目的は、英雄扱いされるためのものではなく、

永久に食糧を与えるための存在に過ぎなかったのです。


でも、本当の意味で人類を救ってくれそうなので、

食糧人類のキャラ内で、最も有力だと思います。


【食糧人類】他の回のネタバレはコチラ

【食糧人類】の無料立ち読み
ダウンロードも可!